日本語教室&子ども会

○日本語教室

ミャンマー人との交流、日本語教授の体験的研修の場

在日ミャンマー人が話すミャンマー語の中には、時おり本国のミャンマー人が使わないような表現があります。そのひとつに「ヂャー・ネィ」があり、これは直訳すると「合間の日」という意味です。このように使われる「ヂャー(チャー)」という表現は、例えばラウェイ(ビルマ式キックボクシング)用語の中にもあり、例えばメインイベントの前に行われる前座の試合のことを「ヂャー・ブエ」といいます。つまり、「ヂャー」というのは「副次的」であることをあらわす表現。そんな意味合いの「ヂャー・ネィ(合間の日)」を在日ミャンマー人は「平日」という意味で使っています。仕事のある平日は、彼らにとって、副次的な日。「やすみ」である日曜日に向けての「つなぎ」の日なのです。主たる日の日曜日の過ごし方は人それぞれですが、JMCCには、日本語の上達をめざすミャンマー人が日本語を学びに集まってきます。

JMCCの日曜日はいわば「ミャンマー人の日」。そして、ミャンマー人と交流したい、あるいは日本語を教えてみたいと思っている日本人にとって、この日は良き機会となっています。

言うまでもありませんが、話せることと教えられることは別物。自由自在に使っている日本語だけに、当たり前すぎて考えたこともないような事柄についての説明は難しいものです。そして、たとえ準備不足であっても、熱心なミャンマー人はちゃんと授業を聞いてくれます。だからこそ、中身のある授業をするには相当な努力を要します。つまり、日曜日の「日本語教室」は、学びに来るミャンマー人以上に、教えに来る日本人が学ぶ場でもあるのです。日本語を学ぶミャンマー人。日本語教授を学ぶ日本人。日曜日のJMCCは、両者が共に学ぶ場となっています。

教えることは、学ぶことです。そんな気持ちで日本語教授を体験して学んでみたいと思っている方は、JMCCにご連絡ください。(Tel:03-3980-7152 Eメールはこちら

○子ども会

 日本に生活基盤を持つミャンマー人が抱える問題のひとつに子供の教育があります。日本社会に適応しつつ、「ビルマ人として」成長していってほしい。広い視野を持った新世代ビルマ人育成の、ささやかな一助となれば、との思いから、発足したのがこの「ビルマ子供会」です。

 またビルマ子供会は、民族を問わず子供たちの国際交流の場となることを、その目的のひとつとしています。ビルマ人の親を持つ子供や日本人の子供たちが、互いの触れ合いを通し、肩肘張らずに自然な形で国際感覚のようなものを少しでも身に付けてくれれば、と思っております。

 ※ ビルマ語・日本語の双方向の通訳も必要に応じてあります。

【対象者】

  ・ 在日ビルマ人の子弟(およびその保護者)
  ・ ビルマ文化あるいは国際交流に関心のある幼年・青少年(民族不問)
  ・上記対象者への支援者など

【目的】
① 母国の文化に触れることを通じて、異国の地で暮らすビルマ人子女のアイデンティティ育成をはかる
② 遊戯などを通して日本の文化に触れ、社会への適応に必要な素養を育む。
③ 民族を問わず子供たちが、ビルマや日本の文化に触れながら、早期に国際交流を体験し、自然な形で異なる他者を認識する感性を育む。

【開催日】
●毎週日曜日の13時00分~15時00分

【参加費】
●2000円(1ヶ月)

【プログラム】

13:00~14:00授業(学校での学習のサポート)
14:00~14:20グループ学習(文化について調べる)

【現在の参加人数】(2018年6月現在)・・・10名(小中学生9人、留学生)

【参加申し込み】
●直接JMCCのマヘーマーへご連絡ください ( 連絡先/Eメール:jmccbaba@gmile.com )

*スタッフを募集しています(参加条件あり)