コロナ禍とクーデターによる生活困窮者支援

2020年に入ってから感染が表面化したコロナ禍と2021年2月1日のクーデターに始まる国内の混乱は、生活困窮者により大きな影響を及ぼしました。

こうした人たちに対する生活支援をすべく、JMCCでは、イベントにおいて寄付金を募っております。また随時、寄付金を以下の口座で受け付けておりますので、ご協力のほど、よろしくお願いできれば幸いです。

三井住友銀行(0009) 高田馬場支店(273)
普通 9114083
日本ミャンマー・カルチャーセンター 代表ヘーマーウィン
(ニホンミヤンマーカルチヤーセンター ダイヒヨウヘーマーウイン)

支援は、ミャンマー中部のメイッティーラ市、ザガイン、メーソートなどにおいて貧困などの生活が困難な状態にある人々を対象として、現地の方々のご尽力によって実施しております。

【チャリティイベント】
●2021年10月24日・・・まるごとビルマ体験パック
●2021年12月26日・・・第5回ミャンマー・オンラインサロン
●2022年11月20日・・・まるごとビルマ体験パック(第19回)
●2023年5月28日・・・第6回ミャンマー・オンラインサロン
●2023年6月18日・・・まるごとビルマ体験パック(第20回)

 

■2021年10月29日(第1回

メイッティーラ郊外の村における80世帯に支援を実施しました。

支援対象となったのは、肉体労働や廃棄物を収集して売買することなどで生計を立てている人たちで、1日の収入は、従来の半分以下にまで落ち込んでしまい、現在ではせいぜい4000チャット(約280円)程度とのこと。こうした人々に対して、1世帯につき、生活必需品である米(約7kg)、卵(10個)、食用油(900ml)、豆(830g)、消毒用石鹸(1個)、そして支援金3000チャット(約210円)を届けました。

2021年11月15日(第2回)

メッティーラ市郊外の生活困窮者の多い地区3ヵ所に支援を実施しました。支援内容は一律ではなく、それぞれの生活実態に即して、各地区に合った形にしました。支援対象の多くは、以前から困窮を抱えている人たちですが、その中にはCDM(市民的不服従運動)に参加したことで困難に直面した人も含まれています。

3地区におけるそれぞれの支援内容は以下の通りです。

①350世帯(以下は1世帯当たりの支援内容)
米(8.4kg)、食用油(900ml)、そして支援金9050チャット(約634円)

②28世帯(以下は1世帯当たりの支援内容)
米(12.6kg)、食用油(900ml)、そして支援金20000チャット(約1400円)

③12世帯(以下は1世帯当たりの支援内容)
米(16.8kg)、食用油(900ml)、そして支援金20000チャット(約1400円)

③の12世帯は、特に健康状態にも困難さを抱えている退職者などであるため、他よりも米の支援を手厚くしました。

257587595_570549924053669_3221205022555503801_n

2022年1月9日(第3回)

生活困窮者の多い地区ということで、支援を実施してきましたが、地区における住民の生活状況は一様ではありません。そこで今回は、地区の住民の生活状況を調査して、状況の厳しい方々への支援を実施することとしました。

その結果、郊外の50世帯を対象とすることとなりました。1世帯当たりの支援内容は以下の通りです。

米(6.4kg)、食用油(900ml)、卵(10個)、石鹸、そして支援金20,000チャット(約1400円)

通常、支援物資の支給は、対象者が取りに来るという形がとられます。今回は、支援に際して生活状況を調査したことで、取りに来られない方がいるということが判明しました。そのようなより困難な方には、調査をしてくださった現地の支援者のご尽力で、直接対象者のところへバイクで訪問して届けることができました。

なお、この日は、支援実施に際して、JMCCメイッティーラ支部スタートアップのささやかなセレモニーも行われました。

270001145_317138570324601_5147821325732717781_n
270855877_1323840141387560_7451030659499047726_n

2022年3月25日(第4回)

支援は主にメイッティーラ郊外の生活困窮者の多い地区の住民に実施してきましたが、今回は、市内における3か所の地区の60世帯を対象としました。

1世帯当たりの支援内容は以下の通りです。

米(12.8kg)、食用油(900ml)、そして支援金18,500チャット(約1300円)

277422081_391596115787373_6074145882552264262_n
277239534_682415743070378_129095489858208960_n

2023年1月1~3日、24日(第5回)

今回は、メイッティーラの生活困窮者について、その生活状況に応じて幅広く支援すべく、複数の地区でいろいろな方々の協力を得て、合計230世帯に米、食用油、現金を支援しました。内訳は以下の通りです。

1月1~3日(100世帯)…米(8.5kg)、食用油(900ml)

1月2日(10世帯)……米(34kg)、食用油(1800ml)、支援金50,000チャット(約2400円)

1月24日(35世帯)……米(12.8kg)、食用油(900ml)、支援金20,000チャット(約960円)

1月24日(85世帯)……米(12.8kg)、食用油(900ml)

000_322847655_863576308022552_5798391299430389181_n
324068447_903243830870246_5226262838024155361_n
324217801_752447479812568_5387824356513064750_n

2023年8月2日、11日、19日、20日(第6回)

今回は、以下において支援を行いました。

ザガイン市
・シンチャン老人ホーム
・シンチャン孤児院

メイッティーラ
・ティリミンガラー地区
・ピィーターヤー地区

メーソート(タイ)
・New Blood School
・Overseas Irrawaddy Association (OIA)
・Dictatorship Revolution & People’s Defense Network (DRPDN)

ザガインの老人ホームとメーソートの避難民支援団体への支援金については、具体的な使途は特に細かく指定せず、生活や教育の支援に使ってください、という形で渡してきました。

メイッティーラについては、昨今の急激なインフレによる物価高騰に伴ってとりわけ困窮に瀕している地区への支援を実施しました。その1世帯当たりの支援内容は以下の通りです。

●ティリミンガラー地区(120世帯)
1世帯当たり
・米・・・6ピィー(約12.8Kg)
・食用油・・・50チャッター(約900ml)

●ピィーターヤー地区(45世帯)
1世帯当たり
・米・・・6ピィー(約12.8Kg)
・現金・・・2万7000チャット

シンチャン孤児院(ザガイン市)
シンチャン老人ホーム
シンチャン老人ホーム(ザガイン市)
IMG20230802155354~2
施設の創設者(右)
米(メイッティーラでの支援)
371104377_311913391326664_5537839619196896028_n
食用油(メイッティーラでの支援)
371213214_839777280722981_1160169993124742162_n
(メイッティーラでの支援)
New Blood School
OIAからの寄付領収書
Overseas Irrawaddy Association (OIA)
DRPDNからの寄付金領収書
Dictatorship Revolution & People's Defense Network (DRPDN)

※今後も支援活動を継続していきますので、ご協力をお願いいたします。寄付金は随時受け付けております(受付先はこちら)。